Just another WordPress site

求人情報を見る

おいしい飲食業界に就職するなら求人情報を見極める

飲食業界は実力勝負であるため、熱意がキャリアアップに繋がることで働きがいを感じている人が多い業界です。また、学歴や経歴での壁が他業種と比べて薄いため、自分の実力でバイトからキャリアを積んでステップアップしていきたいという人にも向いています。
(飲食業界にも事務職はありますが、ここでは現場での調理に携わることを前提とします)

事務職や営業職では仕事の成果に加えて学歴や部署間の都合にキャリアを左右されることもあり、他の会社に転職した際にはゼロからのスタートになるのに対し、自分の実力があれば大事なポジションを任されるようになり、経験がどの店に行っても通用するのが飲食業界の特徴です。
また、求人のシーズンが厳密に決まっておらず、忙しい店では年中求人が出ているでしょう。フレキシブルに就職活動を行えるのもこの業界のメリットと言えます。

一口に飲食業界と言っても会社の規模や方針、また店の特徴によっても業務の内容は変わってきます。それに就職した後で自分のイメージしていた業務と違っていたということで離職する人も少なくありません。全員が同じ料理を同じように作っていると言うわけではないことに注意です。
大企業などのチェーン展開のお店では、コスト削減のために極力料理を作らない方向で進めています。飲食なのに作らないとはおかしな気もしますが、これはあらかじめ調理されたものを冷凍し、解凍するだけで提供できるシステムを確立しているからです。

これにより特別な腕を持つシェフでなくても厨房に入ることが出来るため、人件費の削減になっているのです。そのため求人は人手としての側面が強くなりますが、その分収入は安定するでしょう。また、チェーン展開しているため他店に異動になることもあります。

逆に小規模な会社や個人の店では個性を活かしたい調理師の方々が多く働いているため、仕入れから調理まで任されることもあり、店の経営全体に関わることが出来ます。独立志向のある方も多く、人脈を増やし経験を積むと新たな進路が開けるかもしれません。反面、オーナーや現場スタッフの個性が強く影響されるために馴染めるかどうかが一つのポイントになります。

飲食業界は独特のしきたりがあり、一般企業の様な指導マニュアルに基づいた技術の継承ではなく、現場の監督者に教育が一任されているという現状もあります。人によっては厳しい指導になることもありますが、学べることは大きいでしょう。就職を考えるなら、将来のキャリアのための修業という点も考慮する必要があります。